社会人と高校生

私が大学を卒業したばかりで新卒入社したラーメン屋さんで可愛がっていた男子高校生の紹介が当時の彼女との出会いのきっかけでした。
いつものようにバイトをあがった高校生バイトにジュースをおごってあげると、社交辞令のように「今度かわいい子紹介しますよ」といってきた。

その当時は彼女もなく、仕事も朝から晩まであり、週一回の休日も寝て過ごすという生活でした。
余裕がないので断ればよかったのですが、適当に「うん」返事をしておきました。

すると数日後本当に紹介するから「このアドレスに送ってあげて」とメールアドレスの書いた紙とプリクラを渡してきました。
プリクラを見ると確かにすごく可愛く、その高校生バイト曰く学校のアイドルだということ。
別に容姿に自信があるわけでもない私は、紹介してもらったのに一回もメールを送ることなく放置していました。
すると高校生バイトに強く押されメールを送りました。

何も楽しいことがなかった生活の中でその子とするメールだけが楽しみになっていき、2か月後には実際にデートすることになりました。
デートと言っても彼女の学校帰りに喫茶店で喋って駅まで送っていくというものでしたが、週一回の楽しみになっていました。
半年ほどすると、私が仕事をやめたこともありデートできる回数が増えていきました。

お互いの休日にデートができるようになって一回目のデートでショッピングのため少し遠出をしました。
その帰り道に海で車を止めて海で告白したのを覚えています。
告白は今までの人生で一番緊張しましたが、オッケーの返事を貰った時は今までの人生で一番うれしかったのを覚えています。
それまでは紹介や実際に会ったことのないところから付き合うということはありませんでしたし、正直出会いがないと嘆いていた自分もいました。

しかし、出会いというのはどこにあるのかわからないなと強く感じましたし、恋愛することで見える世界が広く輝いて見えるものなんだなと思いました。
この恋愛は一生忘れられない思い出となりました。

自分と同じ匂いを感じる6歳したの彼女の純粋さに惚れて

彼女との出会いは祭りに参加していた時に、たまたま二人組の若い女性と目が合ったのが切欠でした。酔っていたことも人生初めてのナンパというものをしてみました。当時はフラれて間もないこともあり投げやりな気持ちでした。普段は初対面の女性に声も掛けることもできませんが酒の力は凄い物で大胆になれます。彼女たちの年齢は6歳下で当時高校生でした。

あまり深追いすると犯罪になると考え今日だけは楽しく居られれば満足だと考えていました。話題は自分の年代との違いを話すと食いついてきてとて話題が尽きませんでした。年下に気を使わせたり、敬語で話されるのが嫌いなので対等で話すようにしていて、特に自分をアピールしたり偉そうにしたりしていなかったことを彼女達は気にいってくれました。

彼女達のタイプはというと、一人は明るく笑わせてくれるタイプ。もう一人は明るいが大人しく何処となく自分と同じ匂いがするタイプでした。何となく自分と同じ匂いのする子を意識するようになっていました。夜も暗くなり始め送っていくことにし最初は家が近かった笑わせてくれる子を送り届け、次に同じ匂いがする子を送りました。いざ二人になると緊張から酔いも醒めてしまい会話が途切れていました。

不安にさせてはいけないと手を握るとその子も握り返してくれたことでまた会話が続くようになりました。楽しい時間というのはあっという間で彼女とも別れの時間がせまり離れたくないという思いから神社に誘い、誰も来ないのを見計らって無言のまま抱きしめていました。彼女はビックリしていましたが、自分の感情を隠せなくなり10分ぐらいずっと抱きしめていました。彼女が欲しい社会人に!

しかし、高校生ということもあり送り届けることにし家に着く前に電話番号を聞いたら受け入れてくれました。それから、毎日電話をしドライブに誘うことに成功しました。場所はシーズンが過ぎた海でした。誰もいない海岸を夕日を見ながら手を繋いで歩いたのは印象的でした。それから砂浜に相合傘を書いたり走り回ったりと楽しい時間を過ごしていました。

帰りは彼女の寝顔を見ながら大切にしてあげたいと思うようになっていました。それから何度かデートし、公園デートをしたときです。料理もしたことがない彼女が一生懸命に弁当を作ってきてくれ感動したのを覚えています。見た目は良いとは言えませんでしたが一生懸命作ってくれたのはとてもおいしく涙を流しながら食べました。その一生懸命さに惚れてしまい告白し付き合ってもらえることになりました。

以前お付き合いしていた女性との出会い

以前お付き合いさせていただいていた女性とは、職場で出会いました。
最初はあまり話すこともなく、私自身も彼女に興味はなかったのですが、部署が同じになり、その年の忘年会で彼女と話した時、彼女が私のことをよく知っていてくれたことを知り、いろいろと話すうちに彼女のことが好きになっていました。
その日のうちにLINEを教えてもらい、連絡を取り合うようになりました。

最初のうちは彼女の会社の愚痴を一方的に聞くといった内容で、個人的な話にはなりませんでしたが、ある日突然彼女が、その時付き合っていた彼氏と別れたとの連絡をしてきたため、もしかしたら自分にもチャンスがあるのかもしれないと感じ、まずは二人で会えないか聞き、仕事帰りにお酒を飲みに行きました。

その中で彼女のことをいろいろと知り、さらに彼女のことが好きになったため、改めて休日に会えないか聞きました。
最初は悩んでいましたが、あってくれることとなり、デートに行きました。そうしたでデートを数回続ける中で、どちらから告白するわけでもなく、ごく自然にお付き合いするようになりました。デート中はとにかく彼女に嫌われないよう、彼女の好きな場所や好きな食べ物をなんとなくリサーチしておいて、彼女に喜んでもらえるようにしていました。

社内恋愛ということでしたが、私たち以外で社内恋愛をしていた人たちは殆どいなかったため、周囲の人たちには秘密で付き合っており、社内でも名前を呼ぶときには十分注意していました。会社帰りには、会社近くで2人であうことはなく、必ず別の場所を選んで会うようにしていました。

また二人ともあまり人ごみが好きではなかったので、休日はどちらかの家で過ごしていました。
付き合って半年ほどで同棲するようになり、2人での生活を続けていましたが、お互い自由な性格であったため、2人で生活を始めるとすぐに窮屈さを感じてしまい、分かれるということはしなかったものの、すぐに同棲を解消しました。

その後、私が彼女に内緒で転職活動をしていたことで彼女が私に不信感を持つようになり、関係がぎくしゃくしてきました。それまでも何度か離れたりくっついたりを繰り返していましたが、最終的には彼女の方から別れて欲しいと言われ、2年間の恋人関係が終了しました。

SNSで出会った18歳年下の女性と交際中

2016年10月にSNSサイトを通して18歳年下の女性と出会いました。最初はお食事ということで待ち合わせ近くのお店でイタリアンを食べました。食事代はもちろんこちらが支払いました。年齢差もあり特に共通する趣味もなく食事友達で終わるかなと思いながらも当日簡単な自己紹介とLINEを交換できたので1時間程度のお話だけで終わりました。

すると当日中にに『誠実そうな方で良かったです』とのメールが入っていたので、こちらも『素敵な方で良かったです』と非常に簡単なメールのやり取りがありました。

数日してから『またお食事でも?』というメールに対して快く応じてくれたので、行きつけの洋食屋で食事をしました。
初めての出会いはお互い何をしているかぐらいの話でしたが、2回目は自分の仕事が福祉系であること、相手のお姉さまが障害を持っているということで急に距離が縮まっていきました。福祉関係ということもありとても本音で、こちらの事も信頼してくれました。

SNSでの出会いということでお互いまだ少し抵抗感がありましたが、2回目でお互いの職場や住んでいるところも話しをし、LINEだけではなく電話番号もきっちり交換できました。

お互い信頼感関係を持つようになってからは、週一度程度食事をしていました。年の差もありあまりプライベートに入っていかないよう、3か月間は1度も電話したこともなければ、メールも週2.3回ほどのお付き合いでした。

4回目くらいからからこちらも恋愛感情を抱いてきましたが、18歳の年齢差もあり交際は難しいと考えていましたが、思い切って『付き合ってみない?』と告白したところ、『私でいいんですか?』と予想外の言葉が返ってきて『本当にいいの?』ともう一度聞き返してしまいましたが、この日をきっかけにお付き合いすることになりました。

お互いのルールとしては、束縛しないこと。共に支えあえる関係でいられることが暗黙のルールとなっています。
出会って1か月ほどで体の関係も持つようになり、恋人として付き合うようになりました。こちらからすればこんなに年下の女性と付き合えると思ってもいなかったし、お相手からは経済力もあり包容力のある自分は魅力的に感じたのかもしれません。

決して贅沢した付き合いはしませんが、食事はこちらが負担しています。お相手が1人暮らしをしているので車で迎えに行くのが毎回デートのお決まりです。

現在付き合い始めてから5か月ほどになりますが、一度も喧嘩もなくお互い癒しあえる関係が続いています。
会うのは月に4~5回。必要な時以外は電話はしない。メールも毎日はしないし、何も用事がないときはしない。そんな束縛しない関係が非常に楽で続いているのかもしれません。

バレンタインデーには手作りチョコを貰いました。馴染みの店にも彼女として連れっていっています。しかしお互いの友達を紹介したりということは未だにありません。18歳も離れた友人同士を紹介するのはお互い抵抗があるようです。

友達に彼女のことを話すと『騙されてない?』。彼女も自分の事を友人に話すと『遊ばれてない?』と年の差カップルを周りは疑いますが、福祉関係で繋がった信頼はとても暑く崩れることなく続いています。
4月はお弁当を持ってお花見を予定しています。
とても幸せな関係がいまでも続いています。

彼氏との出会い

彼氏との出会いは自己啓発のイベントではじめて知りあいました。そのイベントでは、グループワークがあり、途中から遅れて来たのが彼でした。はじめは大人しい人だなと思い、その日はイベントで話すことはなかったのですが、その日の晩にSNSで繋がり、こちらから今日はありがとうございました。

これからよろしくお願いします。とご連絡したら今、電話できますか?と向こうから言ってきたので、OKし、話が盛り上がり2時間以上気づいたら電話をしていました。初対面の印象は大人しい人だなと思っていましたが、実際に話してみるとテンションが高い人だなとている、会社を考えているのです。

次の日、はじめて二人で会い、はじめて面と向かって話しましたが、前日に電話で話していたこともあったので、緊張しいの私ですが、あまり緊張せず、普通に話せました。その晩、彼の家にとまり、改めて前日私と会ったときに気配りができて、笑顔がかわいくて気になってた。

付き合ってほしいと言われました。私はまだ彼に対して好きという気持ちはなかったのですが、嫌いではなかったので、断る理由もないと思い、OKしました。それが彼との出会いの流れです。

ただのイベントで、彼氏を見つけたいと思っていたわけではなかったのですが、出会いは突然に訪れるものだと思います。また、自分からいろんな場所に自発的に出かけて行動していれば、人脈も広がり、彼氏が出来ようが出来まいが、自分にとってプラスになると思います。

自分から動かないと何も道は開けて来ないと思うので、行動して相手の話をきちんときく。笑顔を忘れないように心がけていればあなたに対して興味を持つ人は自然と現れて来ると思います。なにごとにも言えることですが、欲しいものを探している時はなかなか見つからないものです。

ふと忘れた時に出会ったりするものなので、あまり物欲とか欲しいとか願望はい抱かないほうが、人としても心の広さを保てていい方向に導いてくれるのではないかと思います。難しいとは思いますが、焦らず、ありのままの自分でいれれば最高かなと思います。

いけない恋愛でゴール

私の奥さんは幼馴染で、小学生のころから知っています。
そんな彼女と恋愛関係になったのは19歳の時です。

高校を卒業と同じ時期に,中学校の同窓会がありました。
集まったのは男15人女18人でほぼみんな集まりほのぼのした感じです、中学卒業してから3年しかたっていないのに彼女たちは大人になっていました。
化粧ばっちりで、バッグもブランド品などもっていまして、ちょっと負けた感がでました。
こっちはまだ学生な感じでしたから、女性の方がしきるようになっていったんです。

その中に彼女もいたんですが、昔からの長馴染み、話かけたりしません。ですが、彼女の方から私の名前を呼び、2人きりで話すことに。
その時私には別の彼女がいたので、恋愛関係に進むとは思いもせず、高校で何があっただとか、中学の時の先生の話など話していると、「いま彼女いる?」
勿論いると言うところなぜか「いないけど、なんで」と、言っちゃたんです。

「同窓会終わったら2人で会おう」彼女か誘いの言葉に[YES」そうです2又の始まりなんです。

今の彼女は年下で、友達の紹介でうまくいっていたんですが、どうもあっちの愛称が、あってなくムラムラしててあわよくばなんて下心でOKしたんです。

みんなと別れて、2人別行動で酒を飲みに行きました。いけないのは解かっていましたが、どうにかしたい一心で、強引でした。

そんな彼女にお酒を飲ませると、すごく陽気になり昔の事をドンドンしゃべりだしたんです。
その中に自分の事を気に入っているようなことがちょくちょくでるので、「付き合おうか?」聞くと、00君の事何でも知ってるけどそれでもいいなら「いいよ」
でした。

今の彼女の事は忘れていました。

ここは一気に行くしかないと思い誘ったんです。
ここでも答えは「いいよ」でした。

こんなにうまくいく人生は無いだろうと思いでしょうが、やっちゃったんです。
昔から知っている彼女はすごく積極的になっていたんです。
しかもスゴイ!

ここが決め手でゴールインしました。

よく来てくれるお客様と付き合うことに

当時の僕の仕事は居酒屋のホールマネージャーでした。
その時の彼女との出会いは、よく飲みに来てくれたお客さんです。

最初は彼女は友達と一緒に月に一回くらいのペースで来てくれていました。
僕より少し年下で、最初から可愛い人だなとは思ってました。
何回か来てくれているうちにお互いが色んな話をするようになり、親近感もわくようになりました。
すると、あるときよく一緒に来ていた友達が来ず、彼女が一人でお店に飲みにきたのです。

最初は珍しいと思いながら、まあでも友達とは喧嘩したとかではなく、今日はたまたま一人で来たと言うことでした。
なので僕が手が空いたときは彼女と話すようにして、一人で来てくれたことにも感謝を伝えました。

そしたら彼女は少しずつ一人で来るようになり、それが重なるにつれて仲良くなっていったのです。

そして彼女が一人で来ることが当たり前になってきたときに、たまたまその日は仕事も早く終わりそうだったので、僕から「終わったらどっかの店で飲みましょうか」と誘ってみました。
そしたら彼女はオーケーとのことでした。

その日が実質、最初のプライベートの付き合いというところでしょうか。
その時はまだ僕は一店員としての対応で、まだ彼女の事を丁寧に扱っているという感覚です。
しかしその時に連絡先を交換して、メールでのやり取りもするようになったのです。

それからはいつも通りお店に飲みに来ることもあり、メールのやり取りもありという日々が続いて、時々一緒に飲みにいくようにもなりました。

彼女の一緒に飲んでいるときの態度はもう明らかに僕の事を好きでいてくれてることが丸分かりです。
僕も彼女の子とは気に入っていたし、その飲み屋を出たときに僕の方から付き合おうと言いました。
間髪入れずに彼女はオーケーサインを出してくれて、その時から恋人同士として付き合うことになったのです。

思えば一人で来るようになったときから、彼女は僕の事を気に入ってくれていたのだなと感じました。

私が付き合った女性との出会いのシチュエーション

私は以前に付き合った女性との出会いのシチュエーションについて書きます。私は10年ほど前に女性と付き合ったことがあるのですが、その女性との出会い方というのは友人の結婚式の2次会での場面でした。

その結婚式というのは大学のクラブの同窓生の式であったので私も含めた独身男性が5~6人いました。その友人は銀行マンであり、奥さんとは職場結婚であったので銀行勤務の独身女性たちが5~6人来ていた記憶があります。

その2次会の席が隣同士となりいろんな話が弾み、連絡先を聞いたら教えてくれたので後日思い切って電話してみました。デートの約束をしたのですが、当日は果たして本当に来るのかどうか不安でした。

しかし、1人で来てくれたのでその日は軽く食事をした記憶があります。1回会ってみるとあとはとんとん拍子に物事が進むもので何回か二人で会っていくうちに付き合うようになりました。

その女性は私の1つ年上だったのでほぼ同級生みたいなもので会話するのに苦労した記憶もありません。私が考える出会いの方法として、友人の結婚式の2次会というのはとてもいい場面であると思います。

その理由として1つは同級生だと同じ年代の異性との出会いが期待できるということ、もう1つは男女ともに結婚式での幸せな夫婦を見て自分たちもこういう風になりたいという気持ちになるなどテンションが上がっているということがあげられると思います。その女性との付き合っていた時に私が意識していたのは特に自分を飾ることもなく、思ったことを言っていました。

まず自分がその状態で相手がどのような反応をするかを見ていました。それで特に無理に自分の気持ちを押し殺すこともなく自然体でいられたのでその後2~3回会うだけで付き合う段階までスムーズにいきました。私の場合は2次会の後は二人で会うところからスタートしていますが、その2次会のメンバーで後日に複数の男女のメンバーで会うパターンもありだと思います。

お互いの新郎新婦を知っているもの同士で会話の糸口もできやすいので付き合うまでの段階がスムーズに進む可能性が高いと考えられるからです。

付き合うのは見た目ではなく、性格

大学生4年生の時、私は大学に通うのはゼミくらいになっていました。あまりゼミに出ても意味のないものでしたので出たり出なかったりとそんなグータラな生活を送っていました。

ある日、後輩から私に会いたい人がいるので今日のゼミに出て来てほしいと言われたのです。暑い夏の日だったのであまり行きたいとは思いませんでしたが、仕方なくゼミに出席する事にしました。彼に出会ったのは図書館の1階でした。

彼を一目みて思った事は「残念」の一言です。全く私のタイプではなかったのです。むしろ話しをしたくないくらいのレベルでした。(笑)
学生が座って話しが出来るフリースペースに座って皆で話しをしていましたが彼とは一度も目を合わせませんでした。タイプではないし、興味がないという事をアピールしたかったのかもしれません。

ゼミが終わり、皆で食べに行こうという話しになり、彼は私の隣に座りました。
彼はガリガリでしたが、ご飯もモリモリ食べとても綺麗な食べ方でした。
私は男性は絶対にご飯を沢山食べる人が良いと思っていたので、その彼の食べ方は初めてポイントになる事でした。
(しかも食べるのに太っていないのがポイントです。)

それから彼とメールをするようになり、ちょくちょく話しをするようになりました。
以外と話しをしてみると優しいトーンで明るく、ポジティブ思考で私とは正反対の性格でとても居心地が良かったのを覚えています。
私が体調が悪いので今日は逢えないというと彼は無理に会おうとはしませんでした。
今までの彼氏は私が体調悪いといっても「僕が治してあげるから会って」というようなしつこいタイプの人が多かったので、
彼のような距離感のある性格がとても新鮮で私には丁度良かったのだと思います。

花火大会の日、雨が降ってしまい元々一緒に行く約束をしていた友達と行けなくなってしまいました。
せっかく購入した浴衣を着れなくなってしまったのを彼が知っていて
花火大会が延期になった事をきっかけに彼と一緒に行く事になりました。
花火大会の当日も彼は無理に私にグイグイ来るわけでもなく、適度な距離感を保ってくれました。
そのような色々な彼の距離感が私にはとても合っており、気が付いたら彼の事を好きになっていました。

ふと思うのは付き合う相手というものは性格だなと思いました。

社会人となってから出来た彼女は、セフレの友人でした。

私の人生で二番目に出来た彼女との出会い体験談です。

当時私は26歳で、初めて交際していた女性に振られて女性不信になってました。
というのも彼女は出会い系サイトで浮気をした挙句、その男性と付き合うとから別れて欲しいといって電話に出なくなりました。
付き合い初めて半年程度ならわかりますが、交際歴は4年でしたし結婚も意識してました。
それだけにショックは大きく女性不信となり、私も出会い系サイトで遊びまくってると自暴自棄になってました。

社会人として仕事をしてると、異動や転職をしない限り同じメンツばかりで出会いなんてありません。
出会い系サイトだと、簡単に女性と出会えるのでとても便利だったんです。
言葉は悪いですが、女性と出会っても所詮出会い系サイトを経由した出会いです。まあこれはお互い様ですね。
体の関係を持っても交際ではなくセフレとして何度か会ってました。

そんなセフレの一人に19歳の専門学校生の娘がいました。
何度か体の関係を重ねていましたが、ある日友人のN子も一緒に会ってもいい?とセフレから尋ねられました。
正直体目的で会ってるだけなので、セフレとN子と私の三人で会うとなるとエッチは出来ません。
だからと言って拒否すると、体だけかよってセフレの機嫌を損ねてしまうと考えました。
体だけってことを悟られない為に、N子も呼んでくれていいよって返事をし三人で会いました。
結果的に言うと、このN子と交際することになったわけです。

セフレの最寄駅まで向かえにいき、無事合流しました。
初日は三人でドライブとカラオケで遊びました。
で、セフレを自宅まで送り届けた後、N子も自宅まで送りました。
わずか15分ぐらいでしたが、二人っきりで会話することなり連絡先やメールアドレスの交換しときました。(この頃はガラケー全盛でメールでのやり取りが主流でした)
送り届けて帰りの道中、すぐにN子から今日はありがとうってメールが来ました。
この頃は私は下衆な男だったので、当然この友人とも体の関係を持ちたいなっていう下心ありで接しメールの返信もすぐ返してました。

しばらくメールでのやり取りをしてたのすが、、ある日N子からセフレ抜きの二人で会いたいと言ってきました。
さすがにセフレの手前もあるしどうしようかと迷ってたんですが、セフレの許可を取ってあるとN子から言われたのでデートの約束をしました。
一応セフレに確認の電話を入れると、どうもN子は私のことを好きになったらしく、セフレと私が付き合ってるのじゃなければアタックしたいと言われたらしいんです。
セフレからすると私は出会い系サイトで会った男性ですし、そんなに執着もなかったんでしょうね。
自分のことはいいから遠慮なくアタックしろとN子に言い、私にはN子は男性経験のない娘だからデート初日からエッチなんてするなよって釘刺されました。

その後N子とデートを重ね、三度目のデートで夜景を見に行った時にN子から付き合って欲しいと告白されました。
すでにセフレからN子が私に好意を持ってるのは知ってましたし、二つ返事でOKし付き合いました。

N子との出会いは出会い系サイトで知り合ったセフレからと、他人に言いにくい出会い方でした。
でも結果的には男性経験のない純真な心を持つN子をゲット出来たわけですし良かったと思ってます。
社会人となると出会いは少なくなりますし、とにかく女性との関係を増やすよう心がけるのが彼女の出来る近道だと思います。