社会人と高校生

私が大学を卒業したばかりで新卒入社したラーメン屋さんで可愛がっていた男子高校生の紹介が当時の彼女との出会いのきっかけでした。
いつものようにバイトをあがった高校生バイトにジュースをおごってあげると、社交辞令のように「今度かわいい子紹介しますよ」といってきた。

その当時は彼女もなく、仕事も朝から晩まであり、週一回の休日も寝て過ごすという生活でした。
余裕がないので断ればよかったのですが、適当に「うん」返事をしておきました。

すると数日後本当に紹介するから「このアドレスに送ってあげて」とメールアドレスの書いた紙とプリクラを渡してきました。
プリクラを見ると確かにすごく可愛く、その高校生バイト曰く学校のアイドルだということ。
別に容姿に自信があるわけでもない私は、紹介してもらったのに一回もメールを送ることなく放置していました。
すると高校生バイトに強く押されメールを送りました。

何も楽しいことがなかった生活の中でその子とするメールだけが楽しみになっていき、2か月後には実際にデートすることになりました。
デートと言っても彼女の学校帰りに喫茶店で喋って駅まで送っていくというものでしたが、週一回の楽しみになっていました。
半年ほどすると、私が仕事をやめたこともありデートできる回数が増えていきました。

お互いの休日にデートができるようになって一回目のデートでショッピングのため少し遠出をしました。
その帰り道に海で車を止めて海で告白したのを覚えています。
告白は今までの人生で一番緊張しましたが、オッケーの返事を貰った時は今までの人生で一番うれしかったのを覚えています。
それまでは紹介や実際に会ったことのないところから付き合うということはありませんでしたし、正直出会いがないと嘆いていた自分もいました。

しかし、出会いというのはどこにあるのかわからないなと強く感じましたし、恋愛することで見える世界が広く輝いて見えるものなんだなと思いました。
この恋愛は一生忘れられない思い出となりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *