付き合うのは見た目ではなく、性格

大学生4年生の時、私は大学に通うのはゼミくらいになっていました。あまりゼミに出ても意味のないものでしたので出たり出なかったりとそんなグータラな生活を送っていました。

ある日、後輩から私に会いたい人がいるので今日のゼミに出て来てほしいと言われたのです。暑い夏の日だったのであまり行きたいとは思いませんでしたが、仕方なくゼミに出席する事にしました。彼に出会ったのは図書館の1階でした。

彼を一目みて思った事は「残念」の一言です。全く私のタイプではなかったのです。むしろ話しをしたくないくらいのレベルでした。(笑)
学生が座って話しが出来るフリースペースに座って皆で話しをしていましたが彼とは一度も目を合わせませんでした。タイプではないし、興味がないという事をアピールしたかったのかもしれません。

ゼミが終わり、皆で食べに行こうという話しになり、彼は私の隣に座りました。
彼はガリガリでしたが、ご飯もモリモリ食べとても綺麗な食べ方でした。
私は男性は絶対にご飯を沢山食べる人が良いと思っていたので、その彼の食べ方は初めてポイントになる事でした。
(しかも食べるのに太っていないのがポイントです。)

それから彼とメールをするようになり、ちょくちょく話しをするようになりました。
以外と話しをしてみると優しいトーンで明るく、ポジティブ思考で私とは正反対の性格でとても居心地が良かったのを覚えています。
私が体調が悪いので今日は逢えないというと彼は無理に会おうとはしませんでした。
今までの彼氏は私が体調悪いといっても「僕が治してあげるから会って」というようなしつこいタイプの人が多かったので、
彼のような距離感のある性格がとても新鮮で私には丁度良かったのだと思います。

花火大会の日、雨が降ってしまい元々一緒に行く約束をしていた友達と行けなくなってしまいました。
せっかく購入した浴衣を着れなくなってしまったのを彼が知っていて
花火大会が延期になった事をきっかけに彼と一緒に行く事になりました。
花火大会の当日も彼は無理に私にグイグイ来るわけでもなく、適度な距離感を保ってくれました。
そのような色々な彼の距離感が私にはとても合っており、気が付いたら彼の事を好きになっていました。

ふと思うのは付き合う相手というものは性格だなと思いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *